INTERVIEW

デジタルの力で神戸を盛り上げたい! 拠点開設一年半、オフィスも神戸らしくリニューアル!

株式会社メンバーズ 「ウェブガーデン神戸」 代表インタビュー

株式会社メンバーズ 「ウェブガーデン神戸」 代表インタビュー アイキャッチ

Webサイトやモバイル、アプリなど広範囲にわたる企業のデジタルマーケティング支援を行うIT企業株式会社メンバーズが、神戸に拠点を開設して1年半が経過しました。

その間、スタッフは20人超に倍増し、市民、地域との接点も広がりつつあります。

神戸らしさや環境を意識し、六甲山の間伐材を活用して改装したオフィスウェブガーデン神戸で、拠点のトップであるクリエイティブマネージャー兼カイゼンディレクターの櫻下侑貴さんに、この1年半の思い、神戸の印象、今後の戦略などを伺いました。

――会社の概要、特徴などから伺わせてください。

櫻下さん:大手企業のデジタルマーケティング支援をしています。

神戸の拠点は、東京晴海本社、仙台、北九州に次いで全国4番目の拠点として、2018年10月に開設しました。
神戸は、ものづくりの技術や文化が根付いた都市として「デザイン都市・神戸」を推進しており、弊社のイメージに合っています。初の関西圏オフィスとして、採用範囲の拡大や、社員のU・Iターン先として選択肢の拡大を期待しました。

――10人の船出メンバーは、どれくらいに増えましたか。

櫻下さん:エンジニアやデザイナーを中心に現在20人ほどですね。
企画推進を担うプロデューサーや営業担当は東京本社にいますので、メンバーズでは、拠点をまたいだチーム編成をしています。

オフィスではインカムをつなぎ、他拠点のチームメンバーらとテレビ会議でやりとりしながら、顧客をサポートします。
地方都市にいながらも給与水準は東京と同一で、大手の仕事ができるのが特徴ですね。

大企業のマーケティング支援では、求められるスキルも高度で、身につく能力も高く、キャリア面で大きなメリットと言えます。

――社員の年齢構成などを教えてください。

櫻下さん:新卒採用を拡大しており、平均年齢は30代(神戸拠点は20代)と若いです。
神戸拠点が開設される前は、他拠点で働かざるを得なかった関西出身者らが多数いたので、その受け皿にという狙いがありました。
社員の地元志向は高く、関西に帰らなければならなくなりメンバーズを退職した人が、神戸拠点開設を機に、復帰したケースもあります。

――どのような社風でしょうか。

櫻下さん:働きやすい環境を整えるため、多様性を重視しています。定時は9~18時で、残業はほとんどありません。現在、男性社員1人が育休を取得中で、社員は状況に応じ、時差出勤などを活用して、働きやすい環境をつくっています。弊社ブログに登場する男性はエンジニアで、子どもが熱を出しても、カバーしあい、仕事が止まらない働き方を実現しています。

また、フラットな社員の関係を心掛けています。社長自ら「社長ではなく剣持さんと呼ぶように」と話すほどです。他社では、本社と地方の支社は縦の関係になりがちで、地方からは「下請けだ」との不満が漏れがちと聞きますが、そうではない人間関係を目指しています。

また、メンバーズのミッションやコアバリューに共感した人を採用したいと考えています。
一般的にIT業界では、転職しながら給料を上げていく例が多いのですが、弊社では長く働いてくれる人、会社や社会を良くしたいという思いを重視していますね。
一般的なIT系の離職率は10-20%ですが、メンバーズでは一桁と低くなっています。

――神戸拠点で働く印象はいかがでしょうか。

櫻下さん:私自身、仙台、北九州と拠点を渡り歩いてきましたが、神戸は街がすごくきれいですね。海も山もあり、コンパクトで住みやすい。大阪までは電車で30分なので利便性も高い。
クリエイティブの高さも魅力的で、デザイン関係のイベントも豊富ですし、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)もあり、とても刺激が多いです。神戸は、社内アンケートで働きたい拠点の一番人気です。

――人気の神戸拠点「ウェブガーデン神戸」ですが、2月にリニューアルされました。エントランスをくぐるとイベントなどで一般開放するオープンスペースがあり、六甲山の間伐材を使った家具や廃プラスチック製の椅子などが配置されています。木の香りが漂い、とてもリラックスできる雰囲気で、オフィスというよりは、おしゃれなカフェという印象を受けます。

櫻下さん:拠点拡大に対応するためリニューアルしました。弊社では、働くまちへの愛着を高め、立地の意義付けをするために、その地域の産物や伝統工芸などをオフィスデザインに取り入れています
六甲山の間伐材を使用したのもそのためで、SDGs、CSVなど、環境、持続的経営を重視したいと考えています。

加えて、弊社では、現地スタッフが働きやすい環境をつくってきました。神戸では、社員の要望を反映し、オフィスで軽くアイデア出しができる空間を設けています
執務室内は食事禁止なので、オープンスペースを利用しますが、お昼どきや終業後には、自然と談笑する社員の輪ができていますね。
また、壁面には、神戸のデザイナーによるアートを施しました。訪れた人から「おしゃれですね」と聞くと、「(改装が)成功したんだな」と喜んでいます。

――開設後、神戸市のサポートも大きいようですね。

櫻下さん:大変お世話になっています。
例えば、約100人を採用した2019年度の新卒研修は、大規模で1カ月にわたりましたが、市の協力で神戸開催が実現できました。
ビジネスマナー、ウェブ制作に加え、市の政策ビジョンを聞き、課題解決を導くワークショップをさせていただきました。
職員へのインタビューやリサーチなどを行い、最後はプレゼンテーション。非常に好評で、今後も神戸で、と考えています。

――地方都市で働く良さについてお聞かせください。

櫻下さん:デジタルの領域では、大抵のことが東京でなくても地方でできます。専門性は自分自身で高めることもできます。
制作、技術系のものづくりは、都心の満員電車に乗るよりは、いい空気でいい環境で仕事をした方が良いと感じています。

――最後に、今後の展開、神戸の地でチャレンジしたいことなどをお聞かせください。

櫻下さん仙台などは100人を超えるスタッフ数なので、神戸も拡大していきたい
そんな中、地域でどうリアルに貢献するかは、やり切れていないポイントです。

神戸市が抱える課題解決を協業できないか話を進めているところです。
市の課題を解決しながら、盛り上げていきたい。また、ほかのIT企業とのイベント開催もやりたいと考えています。
ITやデザインなど横のつながりを広げ、神戸をさらに元気にしたいですね。

<株式会社メンバーズ>
設立: 1995年6月26日
社員数(連結): 1264名(2019年12月末時点)
代表取締役 兼 社長執行役員: 剣持 忠
ミッション: 「“MEMBERSHIP”でマーケティングを変え、心豊かな社会を創る」
VISION2020: 「ネットビジネスパートナーとして、企業と人々のエンゲージメントを最も多く創出する」
所在地:
■東京本社
東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエアオフィスタワーX 37階
■ウェブガーデン神戸
神戸市中央区浜辺通5-1-14 神戸商工貿易センタービル 16階

https://www.members.co.jp/company/

NEWS 一覧へ戻る

神戸市内のオフィスに関する
お問い合わせ

神戸市 医療・新産業本部企業立地課

TEL:078-322-5329

お問い合わせ